肌を温めることで、肌荒れを改善していくスキンケアを心がける 肌が冷えると、角質層が正常に生み出せな...

肌の冷えによる肌荒れに効く化粧品を見分ける方法

肌を温めることで、肌荒れを改善していくスキンケアを心がける
肌が冷えると、角質層が正常に生み出せなくなります。よって角質層が薄くなり、肌荒れを起こしやすくなります。肌の温度を高めて、角質層を正常に生み出せる肌へ導く成分が、配合されているものを選びましょう。血行促進し、血の巡りがよくなることで、肌荒れを改善していくことができます。

角質層が正常に生み出せない肌は、肌のバリア機能が著しく低下しています。よって、外的刺激により、肌荒れを起こしやすくなります。肌のバリア機能を高める成分が、配合されているものを選びましょう。心理的ストレスを受けると、肌の温度が下がります。肌バリア機能の低下につながるので、湯船にゆっくりと浸かったり、アロマをたいたり、リラックスできる時間を増やす事も大切です。

肌の冷えによる肌荒れは、肌内部で炎症を繰り返している状態です。肌荒れを改善するためには、肌内部の炎症を抑える必要があります。炎症を抑えてくれる成分が、配合されているものを選びましょう。植物由来成分の抗炎症成分や、エキスが特におすすめです。低刺激でヒリヒリしない、ストレスフリーであることは、とても大切です。お肌にやさしく抑えるようにたっぷりと付け、クリームなどは、するすると優しく滑らすようにつけるのがおすすめです。